*
とじる
*
とじる
*
とじる

熊本駅のホテル「THE BLOSSOM KUMAMOTO(ザ・ブラッサムクマモト)」が想像の20倍くらいかっこよかった件

ライター:羽田さえ 羽田さえ
キーワード:

いよいよ4月23日に開業するJR熊本駅の「アミュプラザ熊本」。
同じ日、上層階にはホテル「ザ・ブラッサム熊本」結婚式場「ザ・フォレストテラス熊本」がオープンします。

ホテルも結婚式場も超絶かっこいいらしい…と聞いてプレス向けの内覧会におじゃましたら、もう想像の20倍くらいのかっこよさ。アミュプラザと合わせて、熊本駅がほんとにすごいことになっていました!


ホテル「ザ・ブラッサム熊本」

JR熊本駅ビル「アミュプラザ熊本」の上、9階から12階にできるのが、

ホテル「THE BLOSSOM KUMAMOTO」(ザ・ブラッサムクマモト)と結婚式場 「THE FOREST TERRACE KUMAMOTO」(ザ・フォレストテラスクマモト)です。

まずはホテルから。

JR九州グループが手がけるホテルの中で「THE BLOSSOM」は最上位ブランドにあたります。何それかっこいい。

入り口のレセプションから熊本とは思えないおしゃれ感。(どこかのテレビ局さんが映りこんでてごめんなさい)

客室も広くて、めちゃくちゃステキ。

プレミアムツインのお部屋。ビューバスです。

県民向けのお得なプランも用意されているようなので、一度泊まりに来たいと思います!

スイートルームは、ほんとにガチのやつ

普通のお部屋でこんなにステキなら、スイートルームはどんなことになっているのか

実は私、ライター羽田の専門分野は旅行関係。これまで、それなりに多くのホテルを見てきました。
残念ながら「スイート」と名のつくお部屋でも、単に広いだけ、リビングがあるだけ、という施設もあります。

でもTHE BLOSSOM KUMAMOTOのスイート(離れ)は、まぎれもなく本物のスイートルーム。

スイート入口の扉を開けても、すぐにお部屋じゃなくて回廊とか坪庭とかがあります。広すぎて二度見。

広い広いリビングスペースは、一面がガラス窓。

寝室は八代のイグサを使った畳敷き。われらが武田双雲先生の書が飾られています。熊本感すごい。

ナイトウェアは上質なシルク。ビジホで見かける人間ドッグの検査着的な寝巻きに慣れていると、たじろぐレベル。

充実したミニバーがあり、もちろんターンダウンも入ります。ゴージャス!

アメニティはブルガリ、ヴィレロイ&ボッホの洗面ボウル。バスタブとレインシャワーも完備。

ラグジュアリーホテルに泊まり慣れた人やインバウンドの富裕層も、満足できるお部屋かも。ファビュラスです。

駅直結だけど、大浴場まであった

ちょっとうれしい大浴場もあります。

サウナーの皆様もご安心を。殿方にはドライサウナ、ご婦人方にはミストサウナがあります。

そのほか九州の食材をたっぷり使ったレストラン「九州創作 千山万水」や夜景が楽しめるテラスなど、客室以外の共用部分も大充実でした。

結婚式場「ザ・フォレストテラス熊本」

結婚式場は「THE FOREST TERRACE KUMAMOTO」(ザ・フォレストテラス熊本)。

FOREST=森という名前のとおり、森にたたずむテラスのイメージです。
「しあわせ結ぶ、天空の森」というコンセプトで、ガラス張りのチャぺルがとっても素敵。

自然光がゴイゴイ入るので、開放感たっぷりです。

緑に囲まれ、駅ビル内とは思えないほどリゾート感もあります。

「森っていうけど駅ビルでしょ?」とか思っていてごめんなさい。確かに森感、ありました。

周囲には水がはられていて幻想的。ナイトウェディングも良さそうです。

ご案内くださった楠田総支配人によれば、夕方のマジックアワーもめちゃくちゃ素敵なのだとか。

ゆったりくつろげそうなバンケットホール

披露宴会場は大人っぽくて落ち着いた雰囲気。木のぬくもりを感じます。

ターミナル駅直結という便利な立地でありながら、森の中にいるような落ち着きやあたたかみを目指しているのだそう。

昨年夏からの先行予約でも人気で、来年の予約も少しずつ入ってきているとのこと。

記念日の挙式など、希望の日がある人は早めに動いたほうが良いかもしれません。


肥後ジャーナルの誰か、ここで結婚式しないかな。山田氏とか、しゅん氏とか。

便利な場所なのに非日常感があって、ゲストで招かれてみたい式場でした。

まとめ

GW目前の2021年4月23日に開業予定のJR熊本駅ビル。
注目のアミュプラザの上には、とっても素敵なホテルと結婚式場まで出来ていました。

駅直結という立地の良さに加えて、ゆったりと高級感のある雰囲気が魅力。
もう熊本駅前って何もないよ、とか言わなくていいんです。

熊本県民として、他県の友人や親戚を迎えておもてなししたくなるような、自慢したくなるような、そんな素敵な場所でした!

THE BLOSSOM KUMAMOTO

所在地

熊本市西区春日3丁目15番26号

HP(ホテル)

https://www.jrk-hotels.co.jp/Kumamoto/

HP(結婚式場)

https://forestterrace-km.jp/

電話番号 096-327-8763

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

羽田さえ

羽田さえ

県外出身、1970年代生まれのライター。専門分野は旅行関係。巨木、仏像、おいしいもの、レトロなもの、じわじわくるB級系などが好きです。

このライターが書いた他の記事

【くまもとの巨木】阿蘇の田園風景の中に、杉と桜のハイブリッドな木があった

2021.05.01

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ファンシードールがコンシェルジュサービスを始めたって。【読者プレゼントあり】

2021.05.03

無人島で文明的ソロキャンプ!電気の力で無人島もめちゃくちゃ快適だった

2021.04.30

PUBLIC RELATIONS

ファンシードールがコンシェルジュサービスを始めたって。【読者プレゼントあり】

2021.05.03

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal