*
とじる
*
とじる
*
とじる

初日の出穴場スポット!天草の無人島「産島」で野宿して日の出を見てきた

ライター:山田 山田

初日の出といえば、景色のいいところから見たいもの。

熊本では阿蘇・大観峰をはじめ各地の山に登頂して迎えるかたも多いのですが、意外と海で見るのも良いんじゃないかと思い訪れたのが天草市河浦町、不知火海に浮かぶ無人島「産島(うぶしま)」。

かつては人も住んでいた時代があるそうですが、現在は無人島。水道・電気・ガス、なにもありません。そこで見る日の出はとてもきれいなはず!と下見がてら日の出を見てきました。野宿して。


渡し船で海を渡り産島へ

無人島からこんにちは、肥後ジャーナルの山田です。

今回は初日の出スポットの下調べのために、天草にある無人島「産島」きています。

ここで、野宿して朝を迎え、日の出を見たいと思います!

漂着した感じがすごいですが、河浦町にある上平港から渡し船に乗せてもらえます。意外と陸からも近いです。私は原付できました。

こちらが、今回乗せてもらう渡し船です。

この船に乗って、産島を目指します。

船に乗ってみると意外と近く、天候や海の状態によっても違うそうですが約5分ほどで産島が目の前です。

ちなみに、この産島。「産島キャンプ場」という名のキャンプ施設としても活用されています。

この日は、島内にある産島神社の境内で、キャンプをしている釣り人の方がいました。

ちゃんと宿泊できるバンガローもあります。

ですが、私は野宿です。最高の日の出を見るために、頑張りたいと思います。

野宿はめっちゃ怖い

早速、野宿の準備をしようと思ったのですが、私、すこぶるインドア派なのでテントとか寝袋持ってません。

この季節、絶対寒いのでなんとか早めに泊まる場所を決めて、火でも起こしたいところ。

産島の中央にある山は「天草富士」とも呼ばれているそうですが、そこで焚き木を探したいと思います。

登山道に入ってすぐに「注意!イノシシ出没に!」との看板が。普通に出るそうです。なんならコテージ周辺でも足跡や糞もいっぱい見ました。

受付の人からも「えっ、野宿ですか?イノシシにクンクンされるかも…」と言われました。

焚き木を集めながら更に進んでいくと、

かつての住民が使っていたであろう軽トラックや…

廃墟となった家屋、

神事が行われていたであろう広場など、かつてここに人々の暮らしがあったことを伝えてくれる形跡が随所に見受けられました。

イノシシ怖いのですぐ降りましたけど。

夕日もかなりきれい

翌朝、日の出を撮影するスポットを決めました。桟橋の上です。ついでにここで野宿することにしました。

だって、他のところ、イノシシの足跡とか糞があちこちにあったんですもん。あとは起きてすぐ撮影できたほうが効率良いからです。

目的は日の出ですが、夕暮れも最高にきれいだったのでご紹介します。

どこからかの放送で「家路」が流れているのが聞こえてきて、すごく哀愁漂う瞬間でした。

あとは、夜を越し、朝日を待つのみです!

ただし、夜は完全に真っ暗ですし寒いです。本気でおすすめしません。

本気で火しか明かりが無くて、夜は撮影できなかったのですが、

こんな感じで寝ました。波の音、鳥の鳴き声、山の中からガサゴソでほとんど眠れませんでした。

夜は真っ暗でわかりませんでしたが、朝見るとちょっとですがフナムシもいました。おすすめしません、野宿。

待ちに待った日の出を撮影

眠れずにいると、あっという間に夜が明けてきました。

産島から見る日の出は、遠くの山の上から日が昇ってくるで、体感でここから40分~1時間後といった感じでした。

ちなみに、撮影しようと思って陣取って野宿していた写真奥の桟橋より、潮が引いて出てきた岩場のほうが綺麗に撮れそうだったので移動しました。足元が滑りやすいしゴツゴツしてるので、オススメはしません。

じっと待っていると、雲がだんだんと朱に染まり…

山間から海を照らす、日の光が!!!めっちゃ綺麗!!初日の出でもオススメできる美しさでした。

しかし、日の出を見終わって島に戻ろうと思ったら、いつの間にか潮が満ちはじめていて、通ってきた道が完全に無くなっていました。

この超寒い時期に、朝から膝上まで海につかって歩く羽目に。しかも流れ早いし、足場めっちゃ悪いです。日の出は陸地で見るのがおすすめです。

初日の出と初詣が一緒にできる穴場スポット

ということで、裾をめくっていたにもかかわらず、ずぶ濡れにはなってしまいましたが、最高の日の出を見ることができました。

産島には神社もあるので、初日の出と初詣を一緒に楽しめるスポットです。実際に昨年も、産島で年を越された方がいるそうですよ。

渡し船や宿泊の予約は産島キャンプ場に問い合わせると対応してくれます!

ちょっといつもと違う特別な初日の出を楽しみたい方はぜひ検討されてみてくださいね!

産島(産島キャンプ場)

住所

〒863-1212 熊本県天草市河浦町宮野河内

電話番号 08083697356

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は誤字脱字。朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

たまにはゆっくりおばんざいで晩酌を!下通りにあるおばざいと小料理の店「梅と雲雀」で舌鼓

2021.08.01

中国料理店の酸辣湯麺は一味違う!東区戸島の「葉山亭」でジワッと辛いスープで汗をかく!

2021.07.31

カツカレーラーメンって何だよ!情報量が多すぎる近見のカレーとラーメンの店「天さんラーメン」

2021.07.30

あか牛ステーキ食べ放題…だと……!?銀座通りの「あか牛Dining yoka-yoka」で無限ステーキに挑戦してきた

2021.07.28

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

食の玄人が絶賛する「天草福伸」。ここにくれば食の概念が変わる。

2021.07.01

PUBLIC RELATIONS

あか牛ステーキ食べ放題…だと……!?銀座通りの「あか牛Dining yoka-yoka」で無限ステーキに挑戦してきた

2021.07.28

熊本の夏の風物詩といえばコレ!岡田珈琲のアイスキャンデーが好きすぎて工場潜入してきた

2021.07.23

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal