*
とじる
*
とじる
*
とじる

猫の島こと上天草の湯島に「湯島まったり休憩所」が誕生!!

ライター:山田 山田

上天草市にある、「猫の島」こと湯島をご存知ですか??

住んでいる住民より、猫の方が多いという、猫好きにとっては夢のような島。

熊本日日新聞の夕刊で連載されていたり、その豊かな自然環境から密かに話題になっています。


湯島に休憩所がオープン!

そんな、自然あふれる湯島ですが、猫以外に見るものがない!!と私のように失礼な勘違いをしている人が多いようです。

そこで、湯島の地勢調査や空き家調査をしていた、熊本大学建築学科、田中智之先生の研究室のみなさんが、湯島の島民らが組織する「湯島・夢の島づくり会」のみなさんと連携して、空き家を改装した「湯島ゆったり休憩所」を整備し、4月21日(土)にプレオープンされるそうです!!

この休憩所には、観光案内のほか、イベントスペースや、合志市にある合志マンガミュージアムの館長からの提供でたくさんの漫画も置いてあり、名前の通り「ゆったり」できるスペースになっているとのこと!

場所はフェリーを降りてすぐの場所で、当面は観光客の多い土日を中心とした開放になるそうです。利用料はもちろん無料!

学生と島民らがDIY!

こちらの休憩所、学生と島民らが一緒に話し合い、作り上げた休憩所で、実際に自分たちで改装して完成したとのこと。

21日のプレオープンでは、最後の塗装をみんなで仕上げるイベントも開催するそうですよ!

今後はクラウドファンディングでの資金調達にも挑戦し、建物内にカフェをオープンさせる計画もあるそうです。

熊本が誇る自然と、猫の都!ゆっくりとした時間を過ごしたい時には、ぜひ湯島を訪れて見てくださいね。

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は睡眠で、朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

めちゃくちゃデカイ「勝ち運を呼ぶ武蔵像」と一緒に座禅してきた

2021.05.08

熊本市内を中心に県内に100体以上存在する謎の「放牛石仏」を探してみた

2021.05.07

コショウ多すぎ!!平成けやき通り「里屋」の酸辣湯麺が辛いし酸っぱいしで美味しいけれどもう大変!

2021.05.06

地魚がデカイし美味いしたまらない!津奈木町「かんなり」の地魚定食

2021.05.05

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ファンシードールがコンシェルジュサービスを始めたって。【読者プレゼントあり】

2021.05.03

無人島で文明的ソロキャンプ!電気の力で無人島もめちゃくちゃ快適だった

2021.04.30

PUBLIC RELATIONS

ファンシードールがコンシェルジュサービスを始めたって。【読者プレゼントあり】

2021.05.03

無人島で文明的ソロキャンプ!電気の力で無人島もめちゃくちゃ快適だった

2021.04.30

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal