*
とじる
*
とじる
*
とじる

【熊本プチ歴史探訪1】 知っているようで知らない安政橋について調べてみた

ライター:羽田さえ 羽田さえ

熊本県内の何気ない街並みのあちこちにある、ちょっと気になる小さな歴史スポット。
熊本の歴史に思いを馳せたくなる、誰かに小ネタとして話したくなる、そんなスポットをご紹介するシリーズ企画です。第1回目は「安政橋」を紹介します。


そもそも安政橋ってどんな橋?

根子岳を水源とし、熊本県中北部を流れたのち有明海へ注ぐ一級河川、白川。
いくつもの橋がかけられていますが、今日ご紹介するのは熊本市内の「安政橋」です。

あんせいばし
安政橋のほか安巳橋(あんきばし・やすみばし・やすきばし)とも呼ばれています。

場所は、市電の走る大甲橋と、銀座通りから伸びる銀座橋の間にあります。

現在の橋は昭和43年竣工。水色のアーチが目印の比較的小ぶりな橋で、車は一方通行です。
交通量はそれなりに多く、写真撮影の間にも歩行者・自転車・車が次々にやってきました。

歴史は古く、もともと江戸末期の安政4年(1857年)にかけられた橋と言われています。

小泉八雲の文学作品にも登場!

安政橋入口
この安政橋は、小泉八雲の「橋の上」の舞台とされています。

熊本大学の前身である第五高等学校の英語教師であった小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)は、熊本を舞台にした作品をいくつも残しました。「橋の上」は短編小説とも随想とも言えそうな作品で、冒頭から登場する橋が安政橋であると言われています。

作品の中には橋の上から熊本城が見えるという記述がありますが、残念ながら今はビルなどに隠れて熊本城の姿は見えません。

小泉八雲が熊本で過ごしたのは1891(明治24)年から3年ほど。

大天守・小天守は西南戦争のあった1877(明治10)年に焼失しているので、当時見えたとなると宇土櫓などでしょうか。

街の景色は変わっても、安政橋の上から眺める白川の流れの美しさだけは、今も昔も変わらないのかもしれません。

まとめ

江戸時代末期から西南戦争など激動の明治を経て大正と昭和、さらに平成も終わる現在まで、人々の暮らしを支える安政橋。熊本の小さな歴史スポットです。

橋の上に立ち、小泉八雲が見た熊本、そして明治時代の白川へと思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

羽田さえ

羽田さえ

1970年代生まれのトラベルライター。結婚を機に熊本へ移住し、普段は中央区をうろうろしています。おいしいもの、レトロなもの、じわじわくるB級系も好き。

このライターが書いた他の記事

【熊本プチ歴史探訪1】 知っているようで知らない安政橋について調べてみた

2019.11.12

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

PUBLIC RELATIONS

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal