*
とじる
*
とじる
*
とじる

老夫婦の営む「吉祥」の皮から手作りの肉まんと麺から手打ちのうどんはどこまでも優しい味がする

ライター:山田 山田
キーワード:

白山通りをまっすぐ進み、南熊本に入ったあたりにある「吉祥」。肉まんやあんまん、うどんなどと書かれた張り紙が所狭しと目に付くお店です。昔ながらの雰囲気についついつられてお邪魔してみました!


皮から手作りの肉まん類!

店内には「肉まん」「あんまん」「ひじきまん」などの文字。注文を受けてから蒸すので、10分ほど時間がかかるそう。

先に電話していくと先に蒸しておいてくれますよ!!

今回は、肉まんとひじきまんを注文!丸い方が肉まんで、おいなりさんみたいな形の方がひじきまんです。

どちらも具材はもちろん、皮から手作りです。

ひじきまんを割るとたっぷりのひじき!素朴なあじわいですが、濃厚な味わいで美味しいんです。

うどんも麺から手打ち!本場香川で修行した本格麺!

もうひとつオススメしたいのが、このうどん!

実は麺からお店で手打ちしています。店主はうどん県・香川県で修行してきたそうでコシがありつつも柔らかい麺が最高の食感!

スープも優しい味わいです。肉うどんや月見うどん、ごぼ天うどんなどもあります!こんなところにこんなに美味しいうどんがあったとは…おどろき…。

こちらも、注文を受けてから茹でるので、時間がかかるそう!

店内には、1つだけですが、テーブルがありここで食べられますよ!

全てが手作り、安心の食材

「吉祥」では、紹介したうどんと肉まん類だけではなく、納豆まで手作りしています。

高齢の店主夫妻。ご主人が身体を壊し、化学調味料が入った食事を受け付けなくなったそう。そこで、自分で食べるものは自分で作ろうと素材から厳選し作り始めたのがはじまり。

家族の勧めもあり、お店で提供しているそうです。

小さなお店で老夫婦が2人で営んでいるため、提供には時間がかかりますが、それだけの価値があるとても美味しい料理でした。

吉祥

住所

〒860-0812 熊本県熊本市中央区南熊本5丁目2−24

営業時間

昼前から暗くなるまで

定休日

不定休(店主夫妻の調子が悪いときはお休み)

電話番号 096-364-5506

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は誤字脱字。朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

熊本の夏の風物詩といえばコレ!岡田珈琲のアイスキャンデーが好きすぎて工場潜入してきた

2021.07.23

うどん出汁の氷入り!溶けても薄まらない五平太の「冷やしうどん」でひんやり満腹に!

2021.07.22

おでんに白ごはんはあり?花立にある「おでんと酒 行平」でめちゃくちゃ染みた関東炊きおでんランチ!

2021.07.19

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

食の玄人が絶賛する「天草福伸」。ここにくれば食の概念が変わる。

2021.07.01

PUBLIC RELATIONS

熊本の夏の風物詩といえばコレ!岡田珈琲のアイスキャンデーが好きすぎて工場潜入してきた

2021.07.23

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

あか牛一頭買いの焼肉店「褐火(かっか)総本店」が7月10日銀座通りにオープン!会計の総額と同額の商品券がもらえるぞ!

2021.07.08

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal