*
とじる
*
とじる
*
とじる

リフレッシュ効果絶大!水に感謝!雄大な南阿蘇の水源3ヶ所を自転車で巡ってみた!

ライター:ちえ ちえ

「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」は、日本一長い駅名として有名ですが、その名の通り、南阿蘇には水が生まれる水源が無数にあります。

観光地として有名な白川水源をはじめ、日本名水百選、平成の名水百選に選ばれた水源は11ヶ所!気持ちの良い秋晴れの下、日頃なかなか訪れることのない水源を、自転車で巡ってみました!


地域の人たちに親しまれる寺坂水源

まず訪れたのは寺坂水源。震災後、いまだ列車が通ることのない南阿蘇鉄道の鉄橋の真下にあります。

毎分5tの水が湧いており、湧き出した水が、次々に水紋を描いていく様子が見られます。

きれいな水にしか生息しないサワガニも2匹いました!

今も地域の人たちの生活用水として、洗濯や農作物を洗ったりするのに利用されているそうで、訪れた時も、ちょうど鍋を洗いに来られた地元の方が…!令和になって、こんな昭和を彷彿とさせる風景が見られるとは、感激です!

ちなみに、手前で回っているのは芋車。今回タイミングよく、中に里芋を入れ、ごろごろと洗う様子を見せていただくことができました。

地域の人たちは、水に対する感謝を忘れず、定期的に水源地や水路の清掃をされているそうです。

コバルトブルーが美しい!塩井社水源

次に向かったのは塩井社水源

こちらは、震災で倒壊し、今年になって再建された塩井神社です。

神社の向かって右側にあるのが塩井社水源です。美しいコバルトブルーで、とっても神秘的!

こちらの水源は、震災で枯れてしまったそうですが、昨年7月に水が復活したという、奇跡の水源!こちらの湧水は、「不老長寿」「諸病退散」の神水として昔から尊ばれています。

水汲みもできる池の川水源

最後は、池の川水源。こちらにもお社があり、向かって左側が水源になっています。

駐車場も完備されているので、水汲みにも便利!ポリタンク持参で、水を汲まれている方もいらっしゃいました。

水源の手前には、かぶと石という2つの石があり、この石が水で隠れてしまうと凶作、見えている年は豊作と言われているそうです。古くから、水源の水とともに稲作が営まれてきたことが伺えます。

まとめ

今回、南阿蘇の水源を巡り、南阿蘇が「水の生まれる里」というだけではなく、水の恩恵を受け、水とともに生きる里であることを実感し、自然と人々の営みとの調和に感銘を受けました。水の飲み比べもしましたが、各水源で味も違ってびっくり!

今回は、あそ望の郷くぎので、クロスバイクをレンタルして水源巡りをしてみましたが、とても爽快でした!風がさわやかなこの季節、広い空と雄大な山々を眺めながら、サイクリングされるのもおすすめです。

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

PUBLIC RELATIONS

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal