*
とじる
*
とじる
*
とじる

こだわりの醤油で濃い味付け!!大津町にオープンした唐揚げ専門店「おぐらの唐揚げ」に大満足!

ライター:上野P 上野P

今年の4月に新規オープンしたド派手な外観の唐揚げ屋さん!菊陽バイパスを阿蘇方面に進むと左手に突如現れるこのお店!

唐揚げ専門店「おぐらの唐揚げ」です!


菊陽バイパスを走ってると目にとまる!ド派手な店舗外観!

ここは以前は大津食堂とかいう定食屋さんでしたが、閉店後、その店舗を残したままガラっと外観を変えて今年4月にオープン!

車の多い菊陽バイパス沿いにこの外観は、なかなか目立ちますね!

居抜きながらしっかりとした綺麗な店内

とても綺麗で清潔感のある店内! 以前の大津食堂時代のレイアウトをうまく居抜き的に再利用しています。食堂跡だけあって、かなりのキッチンスペースの広さ!

元定食屋さんの店舗だけあって、イートインスペースもバッチリな広さ!

おぐらの唐揚げの自慢は、醤油唐揚げの醤油に、地元菊陽の山内本店さんの良質な醤油を使っていること!

なので、ここの醤油唐揚げの味付けがかなり濃い!と評判です。

なんとお店では、唐揚げだけでなく、トンカツや、毛羽先、豚の角煮までも販売!

種類豊富な唐揚げとお肉の数々!

唐揚げは自慢の醤油のほかにも塩味、旨辛味の3種類を用意!

揚げ物としては、毛羽先とトンカツも提供しています。そらに豚の角煮まであるなんて!新登場としてチキン南蛮も打ち出してありました。唐揚げ弁当も人気が高いとのこと!

お店に伺った際は、たまたまお店キャンペーン期間として唐揚げ30%offを実施中!

このPOPの写真の唐揚げも見ただけでよだれが…

噂の醤油唐揚げを実食!

これは素晴らしい!! 見た目通りのこのジューシーさ!

しかも一個がデカイんですよ。最近の唐揚げ店のはビッグサイズな唐揚げを出すところが多いようですね。

しっかり芯まで上手に熱を通された唐揚げです。丁寧な仕事でカラリ!と揚げられています!

実際に食べてみると、アツアツのホクホク!…これ、ウマ!!

そしてこの唐揚げ、確かに濃い!! 噂通り、いや噂以上のこの濃厚さ!たまりませんね!

ド派手店舗以上のド派手味な唐揚げでした!

この濃厚さこそが、山内本店の醤油を使った「秘伝のタレ」を存分に使用した味の決め手!

熊本にも数多くの唐揚げ店が存在していますが、ここの美味しさは三つ星級ですね!

一個のボリュームも大満足!というか小食な方は食べきれないかも…

もしも大津・阿蘇方面に行かれる用などありましたら、ぜひ一度立ち寄られてみてはいかがでしょうか?

■唐揚げ専門店「おぐらの唐揚げ」■

営業時間:11:00~21:00

住所:熊本県菊池郡大津町大津1299

定休日:なし

お問い合わせ:096-294-7750

地図

お店のHPはこちら

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

創業30年以上!熊本の老舗ジェラート店「ジェラテリア カプリ」の絶品手作りアイスの数々!

2019.06.02

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

創業約160年!「浪花屋本店」の作る郷土菓子「銅銭糖」

2019.04.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【サバイバルゲーム初体験記】完全無欠のサバゲーマスターに完膚なきまでに撃たれまくった件

2019.11.29

自由な保育に取り組む「さんさん保育園」に潜入して自由に過ごしてみた

2019.11.21

PUBLIC RELATIONS

【サバイバルゲーム初体験記】完全無欠のサバゲーマスターに完膚なきまでに撃たれまくった件

2019.11.29

自由な保育に取り組む「さんさん保育園」に潜入して自由に過ごしてみた

2019.11.21

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal