*
とじる
*
とじる
*
とじる

西部交流センターがオープン!入浴施設や多目的ホールがあるぞ!

ライター:山田 山田

熊本市西区小島に新しく「西部交流センター」がオープンしました。

場所は熊本西区役所のすぐ隣です!

入浴施設や研修室、多目的ホールなどがあり、地域住民の交流施設として活用するそうです!


西部環境工場の予熱を利用!

この西部交流センターでは、近くにある西部環境工場で、ごみを焼却した際の余熱を利用した発電電力や温水を活用しています。

浴室からは、金峰山がきれいに見えるのがポイントだそうです!

入浴は1人400円。小中学生は150円。満3歳以上小学生未満は80円。満3歳未満は無料です。

また、熊本市に在住する満70歳以上の方は半額となるそうです!!

タオルや石鹸などは販売もしていますが、無料の設置はないようなので要注意!

外のテラスには足湯もありました!こちらは無料でできるそう!なんとも気持ちよさそうですね!

スポーツを楽しめる多目的室

まるで少し小さな体育館のような多目的室!

ここでは、貸し切ってスポ-ツなどに使えるほか、時間貸しで卓球やバドミントンが楽しめます!

バドミントンは1時間1面460円、卓球は220円で利用できます!高校生なら半額だそうです。

有料ですが、ラケットなどの貸出もしているので、どなたでも気軽に利用できますね!

お風呂と卓球の組み合わせ…素晴らしいですね…!

売店も充実!軽食から特産品まで!

売店にはお風呂の必需品コーヒー牛乳(瓶)はもちろん、種類豊富な飲み物や、お弁当、お菓子のほか地域の特産品も販売されていました。

まるで、物産店のような品揃えで、ちょっとしたお買い物もできてしまいそう!

研修室や広間でイベントを開催しても、ここで買い出しが済んでしまいそうな品揃えでした。

大人数で使える広間、研修室

広いお座敷の大広間や、研修室もあり、地域の活動などで使えるそうです! この日の大広間では地域のお年寄りたちがカラオケを楽しんでいました。

そのほか、子供が絵本を読んだり、遊んだりできるキッズルームも!まさにお年寄りから子供まで楽しめる施設。

まるで拡張版公民館といった感じですね。最近では公民館があまり使われず、地域のコミュニティが少なくなっていると聞きます。

さまざまな用途を兼ね備えた地域の拠点として、交流の場になっていくと良いですね。

ご利用の際は受付にある券売機でチケットを購入し、スタッフの方に渡すだけ!

もちろん、西区に在住の方以外でも自由に利用できるので、ぜひ立ち寄ってみてください!

詳しくは公式サイトにも情報があるので、チェックしてみてくださいね。

■西部交流センター■

営業時間:09:00~22:00
休館日:毎週水曜日(祝日に当たる時は次の平日)・年末年始
TEL 096-273-6996
住所:熊本市西区小島2丁目7-50
data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は睡眠で、朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

熊本の国道3号線ってどこからどこまで?原付きで端から端まで走ってみた

2020.10.20

市電vs路線バス どちらが早いのか健軍から水道町まで乗り比べて検証してみた

2020.10.15

涼しい季節には江津湖公園がよく見える「TANPOPO」のテラスでイタリアンランチが気持ちいい

2020.10.14

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

下水って流したあとどうなってんの?よく分からなかったので、う〇こ目線で学んでみた

PR

2020.10.18

商品総数約10万点!第一回「売れていない商品を探せ!inスーパービバホーム熊本中央店」開催!

2020.10.10

PUBLIC RELATIONS

下水って流したあとどうなってんの?よく分からなかったので、う〇こ目線で学んでみた

PR

2020.10.18

10/17新メニュー登場!「肉肉うどん」の期間限定かき揚げうどんとカキフライが最高だった

2020.10.17

商品総数約10万点!第一回「売れていない商品を探せ!inスーパービバホーム熊本中央店」開催!

2020.10.10

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal