*
とじる
*
とじる
*
とじる

セミを探せ!熊本市が市民参加型セミ調査を実施中!

ライター:山田 山田

夏真っ盛り、暑い日が続いています。夏といえばセミ!蝉の鳴き声がうるさいくらいに鳴り響いて…。

とか考えていたら、熊本市が市民参加型セミ調査なる面白そうな調査をしていたので紹介します!


セミを探せ!!!

市民参加型セミ調査をしているのは、熊本市環境共生課。


中間報告では、すでに248件も調査報告があるらしいです!

同じ熊本市でも、エリアによって生息しているセミが全然違ってびっくり!

っていうか、最近、セミの鳴き声ってあんまり聞いてない気がします。街中にはあんまりいない……?

さっき外で耳を澄ませてみると遠くからちょっと聞こえるような聞こえないような。

実際に、都市化が進むことで生態系が変化してるんじゃないかってのもこの調査の目的だそうです。

セミと触れ合う機会に

この市民参加型セミ調査。セミの生態を調べる他に目的があるそう。それは最近、子どもたちが虫や自然と触れ合う機会が減っていることから、この調査をきっかけにセミと触れ合ってほしいとの思い。

特に街中だと虫かご持って走り回ってる様子ってあんまりみないですよね。子供の頃は小さな虫かごに大量のセミを捕まえて持ち帰り、家の中で大合唱させて「逃してきなさい」と怒られたものです。

それもいい思い出、素敵な経験。今の子どもたちにもしてもらいたいですよね。

まだ夏休みの自由研究まったく手を付けてない!!ってお子さんにもちょうどいいのではないでしょうか。

見つけたら調査票と写真を送ろう!

参加したい場合、特別な手続きは必要なく、市のホームページからダウンロードできる調査票に記入して、メールかFAXか郵送でおくるか持参すればOK。

セミそのものだけでなく、抜け殻を発見しても良いそうです!

セミの見分け方マニュアルなるものもあるので、これを丸写しするだけで自由研究が終わりそう 簡単にセミの種類が判別できます!

今回は熊本市の取り組みなので、熊本市内で発見したものに限りますが、他の地域でも探してみると面白いかもしれませんね。

※セミは死んでいると思って近づくと突然暴れだすことがあります。あれは裏返って自力で起き上がれなくなってるだけです。近づく際はご注意ください。

※セミの生死は、足が開いているかどうかで見分けることができます。閉じていると動きませんが、開いていると…。

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の裏方。元地域経済誌記者やマーケティングのディレクターというガチ勢。将来の夢はヒモになること。

このライターが書いた他の記事

熊本城ホールこけら落とし・山下達郎のコンサートで熊本県民枠が発表!! その他人気のアーティストも目白押し!

2019.09.19

ドラゴンクエストウォークで熊本城まで行ってきた!

2019.09.12

熊本2店舗目のサイゼリヤが11月オープン決定!今度はなんと下通りだっ!!

2019.09.10

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

転生したら社長だった件

PR

2019.09.20

熊本2店舗目のサイゼリヤが11月オープン決定!今度はなんと下通りだっ!!

2019.09.10

肥後ジャーナルのLINE公式アカウントができました!!

2019.09.01

PUBLIC RELATIONS

転生したら社長だった件

PR

2019.09.20

夏の思い出まだ間に合う!8月25日にツアーに参加してひまわり畑を楽しんで天草の海も探検しよう!

2019.08.21

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal