*
とじる
*
とじる
*
とじる

2年ほど前の肥後ジャーナルの記事でもご紹介した「菓舗 松陽軒(しょうようけん)」。

熊本市電「呉服町」電停が目の前の、100年以上の歴史を持つ老舗です。

そんな松陽軒が2020年6月から販売している新作、あんバターのスコーンが何だかすごいらしいと聞き、さっそく買いに行ってきました!


松陽軒ってどんなお店?

「菓舗 松陽軒」は明治43年(1910年)創業の和菓子店。現在の店主は4代目にあたります。

場所は熊本市中央区魚屋町で、市電「呉服町」電停が目の前という立地です。(ちなみに呉服町の電停からすぐなのに、住所が呉服町じゃないんです。ややこしい。この辺りの地名、複雑ですね。)

昔ながらの和菓子屋さん、という雰囲気の店内。

風格ある看板もあります。戦前にはお店の外に掲げられていたものなのだそう。戦争や熊本地震を乗り越えてきたのですね。

看板商品は「肥後しおがま」(税込120円)という餡入りの落雁のようなお菓子ですが、昔からの商品だけでなく新作もどんどん作られています。店内には新旧の味が並びます。

きめこまかい生地に塩気のきいた餡がたっぷり入った「しおどらやき」(税込159円)は創業100周年記念で作られたもの。ファンの多いお菓子です。

新作のスコーンが色々すごい

そんな中で話題なのが、先月から新発売の「#ZOKKONスコーン」(税込270円)。冷蔵ケースの中に並んでいます。

あんバターががっつり入ったスコーンです。バターは無塩ではなく塩入り。そして想像以上に分厚いです!

お店の公式Instagramに #カロリー上等 #カロリー爆弾 なんていう破壊力のあるハッシュタグと共に紹介され、スイーツ好きの心をがっちり掴みました。

そもそもスコーンと言えばイギリス、スコットランド発祥の食べ物です。和菓子屋さんで見かけるのは珍しい印象ですよね。

そしてさらにこのビジュアルのインパクトがすごい。#ZOKKONスコーン、という名前もかわいいです。

横からのショットはこんな感じです。改めて見ると、バターの分量がハンパない!

ちょっとあたためて食べてみました

あんバターたっぷりのスコーンはそのままでも食べられますが、少しあたためるのが良いとのこと。

レンチン10秒くらいで出してみました。バターが溶け出してあふれ、さらに魅惑的なビジュアルに!!

溶けたバターをからめていただきます。

さっくりしつつも柔らかい食感の香ばしいスコーンに、ふっくら炊かれた口どけの良い小豆あん。さらに溶けたバターの濃厚な風味と絶妙な塩気が加わります。

とにかく甘美で贅沢で、そして何というか、背徳の味

これは確かにカロリー爆弾。でも一瞬で食べ尽くしてしまうおいしさでした。

スコーンと小豆あんって、こんなに合うんですね。ハイカラでハイカロリーで、でもおいしくて、まったくもって罪深いやつです。

見た目にはやや小ぶりながら、あんバターがしっかり入っているので食べごたえあり。コーヒーや紅茶、濃いめの緑茶など、いろんな飲み物に合いそうです。

まとめ

呉服町「松陽軒」の新作「#ZOKKONスコーン」。

たっぷりのあんバターが香る、絶品のスコーンでした。先進的なお菓子だけれど、伝統的な小豆あんがあってこそ実現するおいしさです。

時代とともに進化する老舗の和菓子屋さんの味、楽しんでみてくださいね!

菓舗 松陽軒

所在地

熊本市中央区魚屋町2丁目13

営業時間

8:30~18:30

定休日

日曜日

電話番号 096-353-2022

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

羽田さえ

羽田さえ

県外出身、1970年代生まれのライター。専門分野は旅行関係。巨木、仏像、おいしいもの、レトロなもの、じわじわくるB級系などが好きです。

このライターが書いた他の記事

【くまもとの巨木】今が見頃!下田のイチョウが紅葉真っ盛り

2020.11.15

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

うちの迷える3匹の猫たちにキャットウォーク作って、思いっきり遊ばせてあげたい

2020.11.28

PUBLIC RELATIONS

うちの迷える3匹の猫たちにキャットウォーク作って、思いっきり遊ばせてあげたい

2020.11.28

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal