*
とじる
*
とじる
*
とじる

【くまもとの巨木】「菅原神社の大楠」は黒髪の住宅街に枝を広げる巨木

ライター:羽田さえ 羽田さえ
キーワード:

熊本県内各地に存在する、巨木の数々。

深い森の奥深くに、ちょっとした木立の中に、そして時にはぽつんと一本だけ立っている、さまざまな巨木を訪ねます。

今回は熊本市中央区黒髪、菅原神社の大楠です。


黒髪の「菅原神社」って?

今回の巨木があるのは熊本市中央区黒髪一丁目。菅原(すがわら)神社の境内にあります。

菅原神社と名のつく神社は県内各地にあるけれど、不勉強でここ黒髪の菅原神社については今回初めて知りました。

お近くにお住まいの方はもちろん、熊本大学や済々黌の出身者の人はご存じなのかな。

Googleマップでも問題なく出てきました。

藤崎宮側から北熊本駅方面へ向かって3号線を北上して、必由館高入口から右へ曲がる感じです。

神域にそびえるご神木

見えてきました。3号線からすぐなのに、こんな巨木があるなんて全然知りませんでした。

かっこいい。

高さは約22メートル、幹周りは約8.8メートルとのことですが、生え方がすごいです。

昭和50年に熊本市指定保存樹木になっています。

うん、確かにこれは、いつまでも残したい巨木です。

保存樹木は熊本市が「緑地の保全及び緑化の推進に関する条例」にもとづいて指定するもので、昭和49年度に始まった制度なので、ごく初期に指定された木なんですね。

樹齢はせいぜい200年ほどと考えられているようなので、クスノキの巨木としてはそれほど古いものではないと言えそうです。

がっしりした幹です。まだまだ元気にがんばってほしい。

地元の人たちにずっと大切に守られてきた巨木

それにしても、ずいぶんエッジの効いた生え方です。

決して広いとは言えない境内いっぱいに、いや何なら思いっきりはみ出しています。

幹がとっても斜めになっている上に枝ぶりは横に大きく伸びているので、道をはさんで反対側の民家の敷地まで枝がわっさーと伸びていたりします。それでも切られたりしてないの、すごい。

地元の人たちがみんなで大切に守ってきたからこそ、こうやって堂々とした幹と枝ぶりでここに立っているんだな、と思います。

そして神域に立つ木です。木が、集落を守る神様そのものみたいな存在なのかも。

菅原神社の大楠。

クスノキの巨木としてはまだまだ若い木ですから、これからもずっと、伸びやかにここに立っていてほしい木でした!

*ご紹介する巨木は各自治体で天然記念物や文化財に指定されているもののほか、地元の人たちに長く大切にされてきた木ばかりです。無理に登る、枝を折るなどの行為で木をいためることのないよう、お願いいたします。

菅原神社

所在地

熊本市中央区黒髪1丁目11−23

ライター紹介

羽田さえ

羽田さえ

県外出身、1970年代生まれのライター。専門分野は旅行関係。巨木、仏像、おいしいもの、レトロなもの、じわじわくるB級系などが好きです。うっかり熊本市から北海道に引っ越しましたが引き続きよろしくお願いいたします。

このライターが書いた他の記事

北海道のヤリキレナイ川に行ったら近くに「清正公熊本神社」を見つけた話

2022.10.28

京都・壬生寺の近くにある肥後藩屋敷跡が雑な感じで楽しかった件

2022.09.04

「キリン 午後の紅茶 熊本県産いちごティー」が6/21(火)より全国で発売開始!

2022.06.21

東京・文京区「肥後細川庭園」に熊本民が少ない問題。みんな全力で行ってみてほしい

2022.05.15

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

PUBLIC RELATIONS

【いい肉の日】熊本のお肉事情を発表!焼肉で注文するとツウぶれる部位1位はあの部位!!

2022.11.29

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal