*
とじる
*
とじる
*
とじる

昔ながらのお饅頭にゆきもちも味わえる!60年以上愛され続ける老舗「坪井饅頭」

ライター:ちえ ちえ

小腹が空いた時や、少し疲れた時に、無性に食べたくなるのが、あんこのたっぷり入ったお饅頭。人が集まる時に食べたり、お祝い事に使われたりもするせいか、思い出すだけで心が和みます。熊本市の坪井に、なんと昭和27年から続く、老舗の饅頭店がありました!


地域の人たちに愛される老舗

中央区坪井の仁王さん通りから少し入った場所、ベーカリーMogMogのほぼ向かいにある「坪井饅頭」。

店頭に置かれた、年季の入ったせいろから上がる蒸気を見るだけで、なんだかほっこりできるお店です。

店内には、麦万十や甘酒万十、おはぎや芋万十など、たくさんの種類のお饅頭や団子が並んでいます。価格もどれも90~100円(税込)と、お手頃です。若い人からご年配の方まで、多くのお客様が入れ代わり立ち代わり訪れていました。

昔ながらの製造方法!珍しいゆきもちも

こちらのお店は、現在78歳という嶋田さんのお母様が創業され、今は嶋田さんと、甥っ子さん、姪っ子さんの3人で切り盛りされています。嶋田さんは、若い頃は、昼間はお店の仕事、夜は熊商の夜間学校で勉強され、苦労されたそうですが、今も元気いっぱいで、「私は生涯現役だけん」と明るい笑顔で話されていました。

こちらのお店には、珍しいゆきもちも並んでいます。ゆきもちというと、八代で行われる氷室祭の時に、年に一度だけ味わえる縁起物と思っていましたが、普通に買えるとは…!「雪もちがあるなんて、珍しいですね!」と言うと、「うちには雪もちを作る型があるのよ」と見せてくださいました。

粉をふるってあんこを挟み、丁寧に手作業で作られているそうです。

また、芋あんを作る時は、昔ながらの臼と杵で芋をつぶされているそうで、びっくり!!

いまや、年末の餅つきの時ですら、たまにしか見なくなった臼と杵が現役で活躍しているお店なんて、とても貴重です!

心がほどける優しい味わい

愛情込めて作られたお饅頭や団子を、いただいてみました!

ゆきもちは、あんこたっぷりで、しっとりとした生地とよく合います。

いきなり団子は、つぶした芋あんが使われており、ほろっと食べやすい食感です。薄皮で芋もあんこもぎっしりで、甘みもほどよく美味です。

新商品という、芋入りの黒糖饅頭も、黒糖が香る懐かしい味わいのふかふかの皮と、甘いあんこがたまりません!角切りの芋が入っているのも嬉しくなります。

食べると心がほどけていくような、おいしいお饅頭にほっこり。これからもずっとずっと続いてほしい、あったかくて優しい雰囲気のお店です。

坪井饅頭 島田商店

営業時間

9:00~売り切れ次第終了

定休日

日曜日、祝日(お彼岸の中日は営業)

電話番号 096-343-7241

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ストレス解消&ダイエットのためにキックボクシングに挑戦!肥後ジャーナルのかなこが1日で別人になってしまった!?

2020.01.19

「つなぎ美術館」が有名な津奈木町…ってどこ?アート推しの町長とアート対決をした結果、津奈木町から帰れなくなった!

2019.12.25

PUBLIC RELATIONS

ストレス解消&ダイエットのためにキックボクシングに挑戦!肥後ジャーナルのかなこが1日で別人になってしまった!?

2020.01.19

「つなぎ美術館」が有名な津奈木町…ってどこ?アート推しの町長とアート対決をした結果、津奈木町から帰れなくなった!

2019.12.25

ダムと発電所と私 菊池川水源の発電所や竜門ダムに特別に入れてもらった

2019.12.24

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal