*
とじる
*
とじる
*
とじる

大根おろしが雪のよう!泗水町のうどん屋「ひごや」の「雪見カツ丼」が夏でもさっぱり食べられる!

ライター:山田 山田
キーワード:

カツ丼って美味しいですけど、夏の暑い日って重いですよね…。菊池にある「ひごや」の「雪見カツ丼」には、なんと大根おろしが乗っていてさっぱり食べられます!見た目もまるで雪が降ったみたいな涼しげな感じがするカツ丼で、もちろん味も絶品でしたよ!


古民家風の落ち着いた老舗うどん店

菊池市泗水町、ちょっと気持ちいい自然の中を進み住宅街に入ったところで、「うどんのひごや」とという看板を見つけました。

人気店なので、昼時は超満員。少し時間をずらしていきましたがとても賑わっていました。

建物は古民家風。もうこの佇まいだけで美味しい雰囲気がしますね。

うどんも丼もの種類豊富!

今回は雪見かつ丼を目当てにきましたが、うどん屋さんだけあって、うどんも種類豊富。

丼もの、定食もあります。

では早速、目当ての雪見カツ丼を注文してみましょう!

はい、来ました。雪見カツ丼(800円)に、ミニうどんを追加しました。このミニうどん、+80円と信じられないお手頃価格で追加できるので、私みたいな食いしん坊な方はぜひ。

見てください、この大根おろし。雪見と呼ぶにふさわしいふんわり感。ふんだんに乗っています。

ダシの染みたカツと玉子がめちゃくちゃ濃厚でご飯が進みます。なんでうどんやのカツ丼ってこんなに美味しいんだろうか。

ちなみに、お米は地元の菊池米。豚肉はりんどうポーク。玉子はコッコファームの朝取り卵と熊本県産の素材を使っています。

大根おろしとカツを一緒に口に運ぶと全然重くないんです。するする食べられます。

これにミニうどんもついて、贅沢といわずなんというのでしょうか。

自家製の麺は細麺ですが、コシがあってつるつるっといけます。

スープもだしが効いていて暑くても全部飲めました…。このだしなら丼ものが美味しいのも納得…。

地域に愛される名店

「うどんのひごや」は、大通りからはちょっと離れた場所にあるものの、昼時は満席になり外で待っている人もいるほど人気店。現在母娘二人で営んでいるので、時間によってはちょっと待ち時間がありますが、それも納得の味でした。

だしの効いたカツ丼とうどんは暑い夏でも元気がもらえますよ!

うどん ひごや

住所

〒861-1204 熊本県菊池市泗水町永3739

営業時間

11:30~14:30

定休日

土・日・月曜日

電話番号 0968381877

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は誤字脱字。朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

あか牛ステーキ食べ放題…だと……!?銀座通りの「あか牛Dining yoka-yoka」で無限ステーキに挑戦してきた

2021.07.28

【熊本あるある】熊本で道を聞くと「ぎゃーん行ってぎゃーん行ってぎゃーん」って言われるとかいうけど、言われたことないから検証してみた

2021.07.27

ナンかライス選べる!500円のランチセットがお手頃!小峯「カレーの恋人」で本格カレーをテイクアウト!!

2021.07.26

健軍神社参道沿いにある「HEIKEYA」でふわっふわの台湾かき氷を満喫!あまくてひんやり最高かよ!

2021.07.25

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

食の玄人が絶賛する「天草福伸」。ここにくれば食の概念が変わる。

2021.07.01

PUBLIC RELATIONS

あか牛ステーキ食べ放題…だと……!?銀座通りの「あか牛Dining yoka-yoka」で無限ステーキに挑戦してきた

2021.07.28

熊本の夏の風物詩といえばコレ!岡田珈琲のアイスキャンデーが好きすぎて工場潜入してきた

2021.07.23

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal