*
とじる
*
とじる
*
とじる

熊本のうなぎの老舗!「うな専」宇土店が7月25日にオープン!

ライター:山田 山田
キーワード:

熊本のうなぎの老舗「うな専」。以前、近見にありましたが、震災の影響で閉店。しかし、あとを継いだ店主の娘姉妹が味を守り続けようと、5月に南区平田、そして7月25日に宇土市にそれぞれ新しく「うな専」をオープンしました!

そのうち、7月25日にオープンした宇土店にお邪魔してきました!


宇土高校近く!昔ながらの趣ある

「うな専 宇土店」は宇土駅から宇土高校方面に進んでいると左手にあります!

道路に面してる側に入り口はありません!裏にぐるっと回りましょう!駐車場も裏手です!

裏には広い駐車場があり、フェンスの向こうのお庭から、

ひっそりとした入り口があります!最初分からずうろちょろしました!

100%鹿児島産のうなぎ!父から継いだ味!

ということで、今回、食べたのはこちらの「うなぎめし」です!

うなぎが1尾に肝吸、ご飯(おひつごと!)、お漬物、季節の果物がついてきます!

みてください。このうなぎ。ひとくちかじるだけで、お茶碗1杯ご飯が食べられるくらい、濃厚な味わいです。

山椒をパパっとふって食べると、幸せになれました。

メニューは以前のお店のものを、味と同じく引き継いでいます。

お酒は提供していませんが、持ち込みOKとのことで、地域の方々はお酒を手に持って来店されているそうですよ。

「田舎のおじいちゃんち」みたいな雰囲気の店内

建物はもともと、お弁当屋さんだった古い家を改修したそう。

お座敷にもテーブルなので、ゆっくりできそう!床の間に障子もあります。あぁ、いい、好き。本当おじいちゃんちに遊びに行ったときを思い出します!

フローリングのフロアも昔ながらの雰囲気のまま。テーブルも以前の店舗のものをそのまま使用しているそうです。

宇土にうなぎを食べにいこう

以前は近見で多くの人々から愛されていた「うな専」。ご主人も引退されましたが、その娘さんたちが、こちらの宇土店と妹さんが切り盛りされる平田のお店で味を守り続けています。

最近ではお店も少なくなり、値段の高騰もあり、なかなか手が出しづらくなったうなぎですが、やっぱり食べると美味しいのです。

うな専

営業時間

昼 11:00~15:00

夜 17:30~21:00

定休日

木曜日

住所

〒869-0431 熊本県宇土市本町1丁目101

電話番号 0964-22-5220

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の裏方。元地域経済誌記者やマーケティングのディレクターというガチ勢。将来の夢はヒモになること。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルに寄せられるよくある質問に答えます!!

2019.10.28

自家製ダレにつける羽つき餃子は箸が止まらない!銀杏北通りにできた「酒菜館 良し」

2019.10.18

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【サバイバルゲーム初体験記】完全無欠のサバゲーマスターに完膚なきまでに撃たれまくった件

2019.11.29

自由な保育に取り組む「さんさん保育園」に潜入して自由に過ごしてみた

2019.11.21

PUBLIC RELATIONS

【サバイバルゲーム初体験記】完全無欠のサバゲーマスターに完膚なきまでに撃たれまくった件

2019.11.29

自由な保育に取り組む「さんさん保育園」に潜入して自由に過ごしてみた

2019.11.21

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal