*
とじる
*
とじる
*
とじる

本当に田んぼの中にあるうどん屋さん「麺処 田んなか」の肉ごぼう鶏めしセットは満足度高し!

ライター:山田 山田
キーワード:

八代市沖町にある「麺処 田んなか」。名前の通り、目の前には田んぼが広がるのどからうどん屋です。手打ちの麺はコシがあり、出汁も身体を温めてくれる優しい味わいのお店でしたよ!


ちょっと入ったところにある田んなかのお店

「麺処 田んなか」は、イオン八代から港の方へ進む途中。デイリーヤマザキの角を曲がった先の小道に入るとあります。

デイリーヤマザキの駐車場からみると看板がでています。舗装されていない道を通り進んでいきます。

するとすぐにちょっと古風な建物があります。

ここが、「麺処 田んなか」です。外観もいい味が出ていますね!

店内にはテーブル席が4卓。すべて窓に面していて、眺めは最高です。

まずは席に付く前に注文とお会計を済ませます。

美味しそうなうどんが並んでいますが、今回は身体を温めたいので、もちろん温かいうどんに。

人気No.1と書いてある「肉ごぼう鶏めしセット(税込850円)を注文しました!

席につくと、目の前には田畑が広がっていて、本当に田んなかにいるみたいな気持ちです。

これは全席、窓辺にした間取りにも納得の景色。

手打ちうどんの長さとコシの強さがたまらない

ということで、こちらが「肉ごぼう鶏めしセット」です。ごぼう天がめっちゃデカくてインパクトがすごい!!

そしてひと目見て気づく、うどんの麺の太さよ!これは食べごたえがありそう。

スープは毎日、その日に作ったもの。優しい味わいで体の芯まで温めてくれます。

ごぼう天も1本1本がすごく大きく、スープが染みていて旨味が引き立ちます。

これが3本も入っているので満足感高し!!

しっかり味の染みたお肉もたっぷり入っています。めっちゃ贅沢。

麺も店内で手打ちしたもので、コシがめちゃくちゃ強いんですよね。しかも

1本がめっちゃ長い。

吸っても吸っても続いているので、ぜんぜん無くならない。めっちゃお腹にたまります。

そこに追加で、味が濃厚な鶏めしのおにぎりが2個も付いています。

うどんとの相性も抜群なので、あっという間に食べてしまいました。

のどかな雰囲気で美味しいうどんを

「麺処 田んなか」は、本当に田んぼの中にあるうどん屋で、店内で毎日製造している手打ち麺とスープで、身体も心も温めてくれます。

寒さがますます厳しくなってくるこの季節、温かいうどんを食べたくなったら、ぜひ足を運んでみてくださいね!

麺処 田んなか

住所

〒866-0013 熊本県八代市沖町 字六番割3843−1

営業時間

11:00~14:00

定休日

日曜日

電話番号 0965338007

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は誤字脱字。朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

国府の老舗ラーメン店「葦善」で昔ながらのラーメンと一緒に食らう焼豚丼の美味しさを伝えたい

2021.08.04

チャーシューとろとろ過ぎん?九品寺の「らーめん白川」のこってりラーメンをチャーハンセットで大満足!

2021.08.03

たまにはゆっくりおばんざいで晩酌を!下通りにあるおばざいと小料理の店「梅と雲雀」で舌鼓

2021.08.01

中国料理店の酸辣湯麺は一味違う!東区戸島の「葉山亭」でジワッと辛いスープで汗をかく!

2021.07.31

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

食の玄人が絶賛する「天草福伸」。ここにくれば食の概念が変わる。

2021.07.01

PUBLIC RELATIONS

あか牛ステーキ食べ放題…だと……!?銀座通りの「あか牛Dining yoka-yoka」で無限ステーキに挑戦してきた

2021.07.28

熊本の夏の風物詩といえばコレ!岡田珈琲のアイスキャンデーが好きすぎて工場潜入してきた

2021.07.23

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal