*
とじる
*
とじる
*
とじる

鹿本町来民に10月オープンしたおしゃれな雰囲気の「山口万十店」のふわふわもっちり甘酒万十

ライター:山田 山田
キーワード:

昔ながらの万十店って美味しいところが多いですよね。山鹿市鹿本町来民にそんな昔ながらの万十を扱う「山口万十店」が10月にオープンしていました。紅白の甘酒万十を中心に、定番の美味しい万十が並んでいるお店です!


場所は鹿本町来民

山口万十店があるのは、山鹿市鹿本町来民。山鹿市街地から菊池方面に向かう途中にあります。

めちゃくちゃおしゃれなお店で、今年10月14日にオープンされたばかり。

外には蒸籠がおいてあり、蒸気がもくもくしていて、雰囲気ありました!実際に一部の商品はこの蒸籠で蒸しているそうです!

メインは赤酒万十 その他定番の万十も!

店内では、ショーケースにならんだ定番の万十と保温ケースに入っている甘酒万十が販売されています。

一番人気は、お店自慢の「甘酒万十」。昔ながらの紅白の万十で、1個100円(税込)。

これがすごい人気で、お話を聞いているときも途切れることなくお客さんが訪れ「10個頂戴!!」とたくさん購入されていました。

この甘酒万十を含め、全てお店でひとつひとつ手作りしたもの。

訪れるお客さんを見ていると、すでに地域のみなさんから愛されている様子。

ショーケースには、やぶれ万十や、桜餅、おはぎ、赤飯など定番の商品がずらりと…

並んでいませんでした。15時頃にお邪魔したら、かなり売れていて完売している商品も多数。

万十類はどれも1つ100円とお手頃で、昼過ぎには売り切れてしまうことも多いのだとか。

ふわふわともちもちの神がかったバランス

いくつか万十を買ってみました!包装紙もすごくおしゃれ!お店の名前「山口」をアレンジしておまんじゅうの形にしているそうです。

今回は、紅白の甘酒万十と、やぶれ万十、あみがさをチョイス。

甘酒まんじゅうは、生地がふわふわしながらも、もちもち。どっちも感じる絶妙なバランスですごく美味しい!

たっぷり詰まったこしあんが丁度いい甘さで、舌触りもなめらか。日本茶が欲しくなりました。

これは近所のおばあちゃん達が大量に買っていくのも納得の味です。

やっぱり万十は美味しい

山鹿に新しくオープンした「山口万十店」。老舗の万十屋さんはたまに見かけますが、このような昔ながらのの万十で新しいお店って珍しいので、ちょっとうれしいですよね。

甘酒万十と、定番の万十の他に、赤飯や時期によっては季節の素材を使った商品も出されるそうです。

どれも優しい味で、とても満足できました!

山口万十店

住所

熊本県山鹿市鹿本町来民1144-11

営業時間

9:00~17:00(なくなり次第終了)

定休日

水曜日、日曜午後

電話番号 0968-41-5751

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は睡眠で、朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

卵と鶏のこだわりがすごい!「いぶし吟食堂」の卵の黄身がボフッと乗った親子丼ランチとプリンを食べに行ったら卵祭りになった

2021.01.17

やっぱりボリューム満点のからあげ弁当ってそれだけで幸せ!「嘉島からあげ りょうちゃん」のからあげ弁当は蓋が閉まってない

2021.01.14

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ぼっち「リアルすごろく」で大津町・南阿蘇村・高森町を回ったら熊本弁かるた貰った

2021.01.11

三十路子連れ女が車について考えてみた #8 中古車探しの最初の難関。“認定中古車”って一体なに。

2021.01.05

PUBLIC RELATIONS

ぼっち「リアルすごろく」で大津町・南阿蘇村・高森町を回ったら熊本弁かるた貰った

2021.01.11

三十路子連れ女が車について考えてみた #8 中古車探しの最初の難関。“認定中古車”って一体なに。

2021.01.05

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal