*
とじる
*
とじる
*
とじる

熊本電鉄藤崎宮駅のすぐ近くにあるインテリアショップ「BON ETO Interior」。

元印刷工場跡地とは思えないおしゃれな佇まい、通りにはみ出そうなほど溢れる雑貨達にワクワク。

インテリア好きな記者が、どんな雑貨を選んで置いてあるのか覗いて参りました。


インテリアが好きなのにうまくいかない現実

突然ですが、実際に”できる・できない”はさておき、誰しも可愛いお部屋やカッコいいお部屋に憧れるもの。

特に思春期あたりから自分の部屋に籠り、色んな模様替えを試みるものです。

ペナントを貼ったり、アイドルのポスターを貼ったり、お香を焚いたり、レゲエを大音量で流してみたり…。(昭和あるある)

しかしいつごろからでしょうか。

※イメージです

社会人になり、日々の生活に疲れ、そんな遊びからもすっかり離れて、寝るだけの家になってしまったのは…。

それでも朝から家族を送り出し、予定のない日には自分の思い通りに部屋を片付けて。

キッチンを磨き、花を生け、水槽を洗い、生活感を無くし、いい香りをさせて珈琲を飲んで満足、もたまにはしてみる。

しかし!!夕方頃から、子供がドダドダと帰宅し、夜に夫がもやぁっと帰宅し、なんやかんや帰宅し!!

※イメージです

ぐちゃーーーーーーーー!!からの

※実話です

ポウッッ!!!!!

夜になると大音量でマイケル・ジャクソンをテレビで流されるリビングルーム。

「ポウ!!!」と踊る子供の周りのみ荷物が退けられ、突然のドーナツ化現象。床は子供が小さい家庭あるある。謎の泥でザラザラというオプション付き。

散らからないのは天井のみではないかと気づいた

自分の理想では「こんなインテリアでありたい」「もう少し家がキレイであったらな」とは思うものですが、一人で家族にイライラしてまで自分の理想に近づこうとするのは違う。

皆で楽しく暮らす部屋が一番。

収納するものや、ライト、カーテン、パーテーションをおしゃれにすれば、散らかっていてもお洒落な部屋で居続けられる!

そう考えた私は「BON ETO Interior」へ。

いい、凄くいいです!

男女を問わないシンプルでかっこいいインテリアショップ「BON ETO Interior」。

是非カップルやご夫婦で覗いてみて欲しいお店です。

これいいなぁ。マニラ麻のライトです。

流木にくるりと巻いて長さ調節が出来ます。もちろん流木も販売されています。

絶対にお友達に可愛いーと言われる事間違いなしのスツール。

お店にはインドやタイの物が多く置かれています。

ライトの種類が沢山。

天井は誰にも散らかされないので、欲しいっ。

男性も楽しめるものが沢山あります。

こちらのライトは「バングラディシュの船舶解体工場」でまだ雑貨として使えそうなものが選ばれ、美しく生まれ変わりインテリアライトに変身。

まさに3R。リデュース、リユース、リサイクル。

二階はアンティークコーナー。

軍モノのアンティークが沢山ありました。

お店の方のお話では

「インテリア雑貨を通しの貿易を通じて世の中に貢献し、いろんな国々で一生懸命仕事をし生活をする人々の生活向上のお役にたてる事を目指しています」との事でした。

本当にそうです。

まだ使えるのに、飽きたからとポイポイ捨てて、また買うという生活の雑さは

豊かさからくるものでしょうか。

考えされられます。

”私だけのお気に入り”がきっと見つかる

割と気軽に模様替えが出来るファブリック類。

こんなかわいいパーテーションやカーテンを付ければ、多少散らかされてもイライラしないはず。

自分だけのお気に入りの物で部屋を作れば、深呼吸出来る筈です!!

「BON ETO Interior」にはファブリックコーナーが豊富で、どれも可愛すぎて瞬き出来ないほどで困ります。

そんな時は「組み合わせなどお気軽にご相談下さいね。」とのことでした。

シャンデリアも豊富。

軍物のケースを並べた部屋に、あえてのシャンデリア!なんて、そんな組み合わせを考えただけでワクワクぞわぞわします。

皆さんも、是非とも自分だけの組み合わせでゾクゾクしてみて下さい。

(天井は誰にも散らかされない!という理由でランプを購入した記者です)

プチDIYグッズも販売

家具も自分で作れる材料があります。

こんな風に自由な足の組み合わせで、オリジナルなテーブルを作ったり。

ドアノブかわいいーー。

これを猛烈に子供部屋につけたいと思いました。

が、冒頭に書いたように、うちはまだ自分の部屋を活用しないので、いづれ…。

これを流木に打ち付けて、ぶら下げるという素敵なお手本もありました。

小物も独特なデザインで欲しくなるものばかり。

まとめ

熊本にはホームセンターも沢山ありますが、さらにハイセンスな雑貨でDIY心を高めてくれるのがこちらの「BON ETO Interior」。

地球にやさしい取り組みをされているもの魅力です。

お店の方もとても優しくアドバイスをくださるので楽しいですよ。

BON ETO Interior

住所

熊本市中央区坪井2丁目2-27

TEL

096-343-7472

営業時間

月曜日

木曜日

金曜日

土曜日

日曜日

12時~20時

定休日

火曜日

水曜日

駐車場

あり

Instagram

https://www.instagram.com/bon_eto_interior/

電話番号 096-343-7472

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

ひらの

ひらの

古いもの好きでも新しいもの好きでもない、好きなものが好き!な映画マニアの洋服作り人。 熊本の好き!をガツガツ探します。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

PUBLIC RELATIONS

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal