*
とじる
*
とじる
*
とじる

南関で見つけたお餅屋さんが安くて美味い!農家が営む餅屋「白うさぎ」

ライター:山田 山田
キーワード:

南関町をうろちょろしていると大きな「餅屋白うさぎ」という看板を見つけました。

興味津々で行ってみると、小さなお店で5種類のお餅を販売していました。農家が営むお店で、自家製のもち米を使って毎日手作りしているお餅。しかもどれも1個80円と破格!そして美味しい!そんなお店を紹介します!


看板の圧倒的存在感

南関町をうろちょろしていたら、「餅屋 白うさぎ」と書かれた大きな看板を発見!

私、正月だけではなく年中毎日でもお餅を食べたい派なので、迷わず突撃してみました!

農家の敷地内の小屋でお餅を販売しているようです。

隣にはビニールハウスもばっちり立っているので、農家感ありますね!

お餅は5種類。季節のものもあり、ちょこちょこ内容は変わっているそうです!早速、中に入ってみましょう!

全部80円って安すぎ問題

昼過ぎにお邪魔したところ、すでに季節者の「桜あん餅」は完売してましたが、普段は5種類のお餅が並んでいるそうです。

その全てが手造りで、農家だけあってもち米も自家製。

もち米を収穫する11月ごろから、使い切る4月頃まで販売しているそうです。

定番のあん餅も1個80円(税込)とお手頃なんですが、

その他のお餅もぜーーーーんぶ、80円。安い。

土地も自分のところで、もち米も自家製だからこそできる価格。

以前は、物産館などにも卸していたそうですが、現在はここでしか買えません。

お米も売ってます

桃の節句にお伺いしたので、ひしもちなんかの季節ものもありましたし、

自家製のお米も販売されていました。

お米って、やっぱり農家さんから直接買ったほうが美味しいですもんね。

精米された白米と、精米していない、玄米のどっちも置いてありました。これ嬉しい。

なんでも、お餅は買わずにお米を買いに来るお客さんもいるほど人気なんだそうですよ。

色もカラフルでおしゃれですし、つきたてのお餅なのでもっちもちしていて美味!どの餡もいい感じで馴染んでいました。

こんな感じの昔ながらのお餅が買えるお店って減っているので嬉しい限りですね。

あんこの入っていないお餅のパックもありました。焼いて食べたい…。

美味しいお餅は「白うさぎ」で

ということで、安くておいしい、そしておしゃれなお餅屋さん「白うさぎ」に行ってきました!

農家が兼業でやっているお店で、素材も自家製なので年間で半年ほどしか営業していませんが、だからこそ立ち寄る価値は大アリ!!

今年は4月で1度おしまいで、次は秋なので興味のある方はぜひお早めに!

餅屋 白うさぎ

住所

熊本県南関町相谷1637−1

営業時間

9:00~18:00(なくなり次第終了)

定休日

不定休

電話番号 0968531740

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は誤字脱字。朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

国府の老舗ラーメン店「葦善」で昔ながらのラーメンと一緒に食らう焼豚丼の美味しさを伝えたい

2021.08.04

チャーシューとろとろ過ぎん?九品寺の「らーめん白川」のこってりラーメンをチャーハンセットで大満足!

2021.08.03

たまにはゆっくりおばんざいで晩酌を!下通りにあるおばざいと小料理の店「梅と雲雀」で舌鼓

2021.08.01

中国料理店の酸辣湯麺は一味違う!東区戸島の「葉山亭」でジワッと辛いスープで汗をかく!

2021.07.31

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

食の玄人が絶賛する「天草福伸」。ここにくれば食の概念が変わる。

2021.07.01

PUBLIC RELATIONS

あか牛ステーキ食べ放題…だと……!?銀座通りの「あか牛Dining yoka-yoka」で無限ステーキに挑戦してきた

2021.07.28

熊本の夏の風物詩といえばコレ!岡田珈琲のアイスキャンデーが好きすぎて工場潜入してきた

2021.07.23

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal