*
とじる
*
とじる
*
とじる

憧れの鉄道職員になれるかも?「地域おこし協力隊員」として南阿蘇鉄道の職員を募集!

ライター:上野P 上野P
キーワード:

高森町が南阿蘇鉄道の職員を募集中!

南阿蘇鉄道とは、南阿蘇村や高森町など沿線自治体が出資し、“旧国鉄高森線”を承継し開業した第三セクター方式の鉄道会社となります。

トロッコ列車などの観光向け列車や、阿蘇の大自然を満喫できるルートなどで評判を呼んでいましたが、熊本地震により甚大なる被害を受け、今だにJR九州とを繋ぐ立野駅から中松までの区間が復旧していません。

高森町が“地域おこし協力隊員”として募集!

地域おこし協力隊とは、人口減少や高齢化等の進行が著しい地方において、地域外の人材を受け入れ地域活動を行ってもらい、新しい人材定住などを図る制度です。

地域おこし協力隊員というと、主に過疎の村の農業支援員などを思い浮かべますが、それ以外の地域宣伝活動など“地域おこし”に関わるものであれば多岐に認められるようです。

地域おこし協力隊には、国(総務省)から相応の支援があります。

「南阿蘇鉄道」は地域の重要な移動手段

引用元:http://www.mt-torokko.com/

高森町が募集する「地域おこし協力隊員」は、採用されますと高森町の非常勤職員となって、出向のような形で、情報発信やイベント運営などの業務を行うそうです。募集人員は2名!

一時募集締め切りは1月31日(水)まで

高森町の地域おこし協力隊員の応募締め切りは今月末までです!

ご興味のある方、詳しくは高森町ホームページもしくはメールで問い合わせするか、“政策推進課”(0967-62-1111)までお電話にてお尋ねください!

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

創業30年以上!熊本の老舗ジェラート店「ジェラテリア カプリ」の絶品手作りアイスの数々!

2019.06.02

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

創業約160年!「浪花屋本店」の作る郷土菓子「銅銭糖」

2019.04.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【全店掲載!】桜町にオープンする「SAKURA MACHI Kumamoto」 商業施設全149テナントを紹介!!

2019.07.30

「下通りへの近道です」と書かれた玉屋通りが本当に近道なのか検証してみた

2019.07.16

何ここ自動車学校??黒髪にある「子飼公園」が謎すぎる

2019.07.05

上通りできためっちゃおしゃれな空間「オモケンパーク」って何よ!

2019.06.08

PUBLIC RELATIONS

夏の思い出まだ間に合う!8月25日にツアーに参加してひまわり畑を楽しんで天草の海も探検しよう!

2019.08.21

画面バキバキのiPhoneをスマップル熊本店に持っていったらカナヅチで叩いても大丈夫なくらい強化された

PR

2019.08.18

荷台に乗せられ干潟を進む謎体験 8月10日にオープンする「荒尾干潟水鳥・湿地センター」で遊んできた

2019.08.03