*
とじる
*
とじる
*
とじる

ダレノガレ明美が益城町からの贈り物に感激し、見ているこちらも心温まる投稿

ライター:りよう りよう

熊本地震 ダレノガレ明美

artst_02出典:http://www.libera-japan.com/artist/akemi.php

熊本で積極的に
ボランティア支援をしてくださったダレノガレ明美さん
8月10日のInstagramでの投稿で
益城幼稚園から届いたアルバムを公開。

「たくさん叩かれたり、中傷されたけどやっぱり行ってよかった!」

と心境をつづっている。

ダレノガレ明美とは?

1990年7月16日生まれ
ブラジルサンパウロで生まれ
1歳の時に日本に移住し、
お父さんが日本人とブラジル人のハーフでお母さんはイタリア人
高校卒業後は、アパレル業界や歯科助手などを経験し
2012年5月【JJ】で初めてのモデルデビュー
その後も様々なバラエティ番組に活躍中。

支援に来てくれたダレノガレ明美

病院にいた犬や猫などの動物1匹1匹を抱きかかえ、「頑張ってね!」などと声をかけたあと
自ら率先して炊き出しのボランティアにも参加されました。

インスタグラムでの投稿がこちら

2

AKEMI.Dさん(@darenogare.akemi)が投稿した動画 –

宝物が増えたと語ってくれている。ダレノガレ明美さん

タレントさんがボランティアや寄付を公表することに対して批判が寄せられいましたが、
ダレノガレ明美さんは「たくさん叩かれたり、中傷されたけどやっぱり行ってよかった!こんな素敵なみんなに会えたから」「宝物が増えました…たくさんのメッセージありがとう」とつづってくれています。

私熊本県民として
心が温まるエピソードに思わず心がほっこり暖かくなりました。
ぜひ、一度ご覧ください!!

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

りよう

りよう

20代前半 観光文化検定3級 元々は営業マンとして熊本各地を周っていました。 少しだけ変わり者ですがヤル気スイッチは常にON。 長嶺小・長嶺中・熊本工業出身 県外を彷徨ったが熊本に帰ってきて熊本永住を誓う。 持ち前のコミュニケーションとフットワークの軽さ そして自由な発想で熊本を盛り上げています‼︎

このライターが書いた他の記事

新元号が「令和」に決まったことに伴い、肥後ジャーナルは「令和ジャーナル」に生まれ変わりました

2019.04.01

飲食店の名前をつける大役を仰せつかったので事前調査に行ってきた!

2019.03.13

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

宇城市に「幸せの鐘」が誕生!宇土市「月弓の鐘」、美里町「恋人の鐘」と一緒に回って幸せに!【43歳独身男子がゆく】

2019.03.25

行列のできるラーメン屋「天外天」の週末1番並んでいない時間を調べてみた!

2019.03.15

電子マネー戦国時代に突入!熊本人ならくまモンのICカード??検証してみた!

2019.03.08

PUBLIC RELATIONS

宇城市に「幸せの鐘」が誕生!宇土市「月弓の鐘」、美里町「恋人の鐘」と一緒に回って幸せに!【43歳独身男子がゆく】

2019.03.25

西合志庁舎が生まれ変わる!?「ルーロ合志」が10月にオープン

2019.03.14