1. TOP
  2. グルメ
  3. 三味線・高﨑裕士氏プロデュースのお店「旬酔 かなで」に行ってみた!

三味線・高﨑裕士氏プロデュースのお店「旬酔 かなで」に行ってみた!

全世界で活躍している熊本出身の三味線奏者、高﨑裕士氏。彼の演奏を聴いたことがあるという方も多いのでないでしょうか。

その高﨑氏がプロデュースしている飲食店があると聞いて、早速お店に行ってきました!

和モダンの落ち着いた空間

お店の名前は「旬酔 かなで」。長嶺南のシュロアモール近くにあり、駐車場も広く、車でもアクセスがしやすい場所です。

竹あかりが飾られた、オシャレな外観です。

お店に入ると、内装も和を基調とした、落ち着いた雰囲気でした。

あでやかな和傘に、モダンな柄の襖。
伝統を意識しながらも、新しい風を取り込む、高﨑氏の三味線の演奏を彷彿とさせるデザインです。

いけすもあって、魚たちが優雅に泳いでいました。

コース料理を食す

「旬をかなでる… 食をかなでる… 夢をかなでる…」がコンセプトのこのお店、
コースのお料理も、新鮮で、手の込んだ丁寧なお料理ばかり・・・その一部を紹介したいと思います。
この日はマグロフェア期間中とのことで、脂ののったマグロを堪能!

鯛の天ぷらや西京焼きも上品なお味でした。そして、お店一押しの、牛イチボステーキ!

にんにくと醤油だれが香ばしい、熱々鉄板のステーキ、思わず笑みがこぼれるおいしさでした。
しめの海鮮チラシも、上品なサイズで、大満足のコース内容でした。

 

旬にこだわる手書きメニュー

「旬酔 かなで」の名のとおり、旬にこだわるお店だからこそ、お料理のメニューは頻繁に変わっているようで、すべて手書きでした。

お酒が好きな人なら、見るだけでよだれが出そうな、”絶対間違いない”メニューの数々、たまりません。

 

なんと急遽、高﨑氏登場!

たまたまこの日、高﨑氏がプライベートでお店に来られているとのことで、私たちの席にもお話に来てくださいました。撮影にも快く応じていただいた高﨑氏、ポーズが若いっ!

 

 

まとめ

オシャレな空間で、旬のお料理とお酒が楽しめる「旬酔 かなで」個室あり、カウンターあり、大人数もOKで、ステージまで完備されていて、さまざまなシーンで利用できそうなお店でした。

居心地の良い空間で、話も弾みついつい長居してしまいました。お料理もとてもおいしく、
高﨑氏のあたたかい人柄にも感動し、また来たいと思えるお店でした!

 

■旬酔かなで■

営業時間
平日:17:30~0:00
週末:17:30~翌1:00
定休日:火曜日TEL
096-385-2310
住所
熊本県熊本市東区長嶺南1-3-1豊栄ビル1F

地図

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

\ SNSでシェアしよう! /

肥後ジャーナルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

肥後ジャーナルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた記事  記事一覧

  • 税込280円の唐揚げ弁当!味噌天神前の「からまるの唐揚げ」はおいしくてコスパ最強

  • 知る人ぞ知る隠れた名店「カレーショップクレイン」の絶品カレー

  • ついに登場!「くまモンのTカード」が11月27日から発行スタート!

  • ユネスコ無形文化遺産「八代妙見祭」が11月22日・23日に開催!

こちらもオススメです!!

  • 熊本お笑い芸人が集まる店「スポーツBAR DIESEL」に行って漫才を見てきた!!!

  • 生そばあずまin白山通り

  • 最高のキャベツメンチコロッケに出会える「手取本町くじら」!

  • 夏といったら肉!!!ということで八代市で鶏の丸焼きを食べてきた!!

  • 明るいうちからお酒とカレーが楽しめる「yomnom(ヨムノム)」が想像以上の素敵空間だった!

  • 里屋〜醤油ラーメン〜