*
とじる
*
とじる
*
とじる

創業40年近く!船場町にある昔ながらの老舗ラーメン店「酔虎(すいほう)ラーメン」

ライター:上野P 上野P

熊本市中央区船場町にある、創業40年近くの老舗ラーメン店「酔虎(すいほう)ラーメン」。昔ながらのバイクでの出前も迅速。昔ながらのラーメン屋さんで、地域に欠かせない名店です。


震災後の工事で綺麗になった玄関口

実はこのお店、約2ヶ月くらい前にようやく震災被害の工事を終えたばかりでした。地震後すぐ営業再開されたものの、玄関は歪んでなかなかうまく開かないという状態などが残っており、今年ようやく、営業を継続しながら工事に着手。やっとの思いで綺麗な外観に戻ったそうです!

店内の様子

カウンターの8席のみというコンパクトな店内です。

長年の地域に愛されたお店だけに、昼時は出前の注文が多く、ご主人がささっ!とラーメンや炒め物も作っては飛び出していきます。

長年続いているだけあり、建物も人も、昔ながらの雰囲気で落ち着きを感じます!

メニューはラーメンからちゃんぽん焼きそば、タイピーエン!ご飯ものまで!

メニューは何気に結構種類が多い!

ラーメンの各種類や、ちゃんぽん、やきそばやタイピーエンも! ご飯物もチャーハン、中華丼、天津丼なども揃えています。

ラーメンを注文!絶妙なあっさり豚骨の熊本ラーメン

ここはやはり、まずはラーメン! 注文したら流石の迅速さで、想定より早く出てきました。

昼食の出前でお客さんをできるだけ待たせないという長年の技術の成果でしょうか。また、見た目も昔ながらのラーメンで、とても良いフォルムです。

スープはあまりクセのない素直なあっさり豚骨スープ。このスープなら無理なく飲めそう。

塩加減も丁度良く感じます。

麺は熊本ラーメンの基本である「中太のストレート」。柔らかめにゆでてありますが、それでも弾力が感じられます。ズズッ!と、とてもススりやすい麺ですね。この感じのラーメンなら逆に堅麺とかにしない方がいいかも。

チャーシューもしっかり肉の美味しさを感じます。このお肉ならチャーシュー麺でもどっかりならずに食べられそう!

こちらのラーメンはきくらげもキーのようです。ラーメンにこのしっかりしたきくらげが、また懐かしい熊本ラーメンの本流を感じます。

いつでも出前スタンバイ!いつまでも地域で愛されるお店です!

昼時はいつもご主人が料理を作ってすぐ出前に出発の繰り返し!その長年の足を支えてきたバイクもその年輪を感じます。

こういうお店こそもっと大切にしていきたい地域のお店ですね。ラーメン以外のメニューも美味しいですよ!!

■酔虎(すいほう)ラーメン■

営業時間:(昼)11:00~15:00/(夜)17:00~21:00

住所:熊本県熊本市中央区船場町下1-19

定休日:日曜日

お問い合わせ:096-324-3412

地図

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

創業30年以上!熊本の老舗ジェラート店「ジェラテリア カプリ」の絶品手作りアイスの数々!

2019.06.02

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

創業約160年!「浪花屋本店」の作る郷土菓子「銅銭糖」

2019.04.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

転生したら社長だった件

PR

2019.09.20

熊本2店舗目のサイゼリヤが11月オープン決定!今度はなんと下通りだっ!!

2019.09.10

肥後ジャーナルのLINE公式アカウントができました!!

2019.09.01

PUBLIC RELATIONS

転生したら社長だった件

PR

2019.09.20

夏の思い出まだ間に合う!8月25日にツアーに参加してひまわり畑を楽しんで天草の海も探検しよう!

2019.08.21

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal